CAAD8+英語日記

サイクリングと、ごくたまに英語関連の日記です

以前から興味があったハイキングとサイクリングを同じ日にしちゃうというのをにやってみました。
サイクリングだと、どうしても道が悪くて行けなかったり、ハイキングで登山道にたどり着くまでの交通の便が悪かったりする場所も、自転車とハイキングだと簡単に行けたりします^ ^

今回の目的地はユーシン渓谷
丹沢湖のそばの綺麗な渓谷です。
まずは東京駅から輪行。御殿場線の谷蛾という駅まで行きます。
そこから丹沢湖までサイクリング

20170528175944298.jpeg



丹沢湖から先の玄倉林道は車両通行止めなため、丹沢湖に自転車を止めハイキングです。
まっくらなトンネルをいくつもこえるとっ(300mくらいのトンネルで電燈ありません。ライト必須ですよ)

20170528175902c69.jpeg

20170528175754220.jpeg


ユーシンブルー^ ^
玄倉第二発電所です。

20170528175841bb7.jpeg

2017052817592314d.jpeg

だいたい丹沢湖からここまで歩いて1時間前後です。

玄倉林道は車両通行止で、最近自動車も通行禁止になったらしいのですが、どこから玄倉林道なのかがあまりはっきりしません。丹沢湖からすぐのところにチェーンがはられておりますが、その3キロくらい先に本格的なゲートがあります。たぶんゲートまでは自転車で行っても良いんじゃないかと思います。路面もゲートまでは舗装されてますが、その先はけっこうなダートです。玄倉第二発電所の先にはユーシンロッジがありますが、そこまでだと往復で5時間ちかくかかります

ユーシン渓谷でゆっくりして丹沢湖に戻るとまだ1時^ ^

どこか走りに行こうかと思ったのですが丹沢湖から近い峠はあざみラインと明神三国の2択´д` ;
最恐のうわさのあざみラインよりはマシと明神三国に逝ってきました

三国峠は普通の峠でしたが、
明神峠は斜度10%のときに休んで14%を普通に走り、18%の時は全力で、という峠でした´д` ;
要はエグいです^ ^

20170528180039e6a.jpeg

キツさとしては風張林道と同じくらいなのですが、ここはセンターラーインがあり、普通に車が走っていますので、蛇行したり、よろけたりすることはできません。どんなにキツい斜度でも車道左側をよろけずに走るしかありません。明神峠の途中でドーナツがでてきますが、このドーナツの後がいちばんキツい区間だと思うので、ドーナツ出たら注意と思ってください。ちなみに斜度の標識がありますが、18%の標識は下り側に設定されていて登るときはわかりません。18%の箇所は登りはじめとドーナツの2カ所だったと思います。
明神三国峠は、静岡県、神奈川県、山梨県をまたぐ峠で、とりあえず静岡県と神奈川の県境まで来てしまえば、キツい区間は終わりです。あとは10%くらいの坂をだらだら登り、山梨県との県境が三国峠になります。明神峠を登ってると斜度の感覚がおかしくなるみたいで、三国峠の10%くらいの道を平地と思い込んで、

”あれっ? 平地なのに速度がでない?パンクか?”

などと勘違いしたりもしました。

明神三国峠を登った後は、4時ちかくになっていたので、山中湖にも行かず、駿河小山駅にもどりました。

初めてのサイクリング+ハイキングは予想以上につかれました。
ハイキング16キロ、サイクリング45キロ、獲得標高1200mとそこまでキツいルートではなかったのですが、家に着いた後は疲れきってました。
次回のサイクリング+ハイキングは上日川峠までサイクリングしたあと、大菩薩嶺をハイキングを予定していたのですが、ハイキングが今回よりずっとキツくなるので、もうちょっと体力つけなきゃなと思った次第であります。
スポンサーサイト
このページのトップへ
久しぶりに英語ネタです。

僕が英語を勉強したいという人に手放しでおすすめするのがEnglishtown

月にグループレッスン30回、マンツーマン4回、それに大量のオンライン教材でこれだけしっかりやればかなりのレベルまで到達できます。価格は月額税別6900円で、普通に国内の英会話学校に行くより絶対効果ありますし、フィリピンの格安英会話なんかと較べても教材の質が段違いに良いので、たんになんとなく話せるようになるだけでなく、基礎をしっかり固めることができると思います。

で、デメリットなんですが、しっかりしてるぶんキツイです。例えばグループレッスンは英語を母国語としていない海外の生徒と一緒にうけるのですが、みんなモチベーション高く、同じレベルの日本人よりかなり流暢に話し圧倒されます。特にスペイン系の人はほんとに流暢です。またオンライン教材も、最初のうちはいいのですが、中級レベルくらいになると急に難しくなります。特に英作問題はリーダーシップの資質について書けといった"日本語でも書かないよ"みたいなレポートを書かされます。

今回おすすめしたいのはEnglishtownでなくて、ロゼッタストーンです。大英博物館にあるほうじゃないですよ(^_^;)
今までもよさそうだなと思っていたのですが、対象レベルが中級くらいまでだったのと、価格が高かったのですが、今回元会社をソースネクストがacquisitionして価格を約27000円から5000円(買い切り価格)という思い切った値下げをしたのです!!
ちょうど母が英語の勉強を始めようと購入したので、じっくり試してみました。
最初はホントに簡単です


ピクチャ 2

ピクチャ 1


ちなみにこれが1番難しいレベル5

ピクチャ 3

レベル5でもそこまで難しくはありませんが、このレベルの内容を流暢に話せれば、海外旅行などでは困らないかと思います。教材は毎日1時間ペースで半年分くらいあります。半年キッチリやればlower intermediate(中級の下)くらいにはなるんじゃないかとおもいます。中級の下って思われるかもしれませんが、実際のlower intermediateレベルは

NHKなどの英語のニュースなら英語字幕有りならだいたいわかる。(CNNなどは無理)
流暢にではなくても、外国人と会話するのに問題はない
TOEICでいったら700-800くらい、と日本人の考える中級よりはレベルが高いんじゃないかと思います。

実際にどんなに人におすすめかというと、
英語はやってみたいけどそんなにモチベーションは高くない。
費用をかけたくない。
海外旅行で困らない程度のレベルでいい

実際にロゼッタストーンをやりきったわけでないのですが、この教材を終わらせたころには、ある程度レベルもあがって英語の学習自体が楽に楽しくなると思います。海外の興味があるpodcastを聞いたり、ニュースを英語で聞いたりと、特に机に向かって学習するといったスタイルでなくても勉強できるようになります。
ロードバイク好きなら、新型パーツのニュースやカンパのホームページを英語で読んでいち早く情報をゲットなんかもできるのではないでしょうか??


このページのトップへ
奥集落ってなんぞや?

簡単に説明すると、奥多摩地区の標高約900mにある山間集落です。

より詳しい情報はこちらをチェック


この日のルートは、京王八王子まで輪行→風張林道経由で奥多摩湖奥集落大ダワ(鋸山林道)京王八王子です。

ピクチャ 1

本来なら奥多摩駅から輪行するのが楽なのですが、ゴールデンウィーク中の青梅線は混雑しそうなので、頑張って京王八王子駅まで帰るルートに。そのためには鶴峠か風張峠か大ダワを経由しなければなりません。せっかくなので走ったことのない大ダワに挑戦することにしました!

まず朝8時ころ京王八王子駅に到着しました。京王八王子駅は先頭車両側に西口改札口があり、あまりホームを歩かなくてすみます。西口側出口はあまり人通りが多くないため、輪行の準備がしやすくておすすめです。自転車を組み立てた後、2度目の朝ご飯をコンビニですませ、第一補給ポイントであるちとせ屋さんに向かいます。


1時間ほど走ってちとせ屋さんに到着。最近のマイブームである、油揚げと豆乳をいただきます。
定番の豆乳ソフトと豆乳ドーナッツもおいしいのですが、補給食が全て甘いものなので、ここはあえてしょっぱい物をチョイス。ここは何を食べてもおいしいです(^^)/


その後、少し走ると風張林道入り口です。いつもは途中のきのこセンターで舞茸を購入がてら休憩していくのですが、この日は寄らずにそのまま見晴らしのよい箇所まで一気に登ってみました。休憩なしだとけっこう疲れます(^_^;)

20170519125623ed7.jpeg
あえて勾配がなく見えるように写真をとってみました(^^)/

201705191516530ea.jpeg




風張林道を登りきると、その後は長いダウンヒルです。
途中に月夜見駐車場があり、そこからの奥多摩湖を見おろすことができます。
2017051912553879f.jpeg



奥多摩湖周辺でお昼を食べた後、奥集落へ向かいます。
奥集落までは山沿いをワインディングしながら上っていき、その途中にぽつぽつと家が建っています。こんな所まで資材を運ぶのは大変だったろうなと思いながらゆっくり登っていきました。奥集落についてはあまり情報がなく、どのルートが正解かわからず、行き止まりにぶつかったりしながらも何とか舗装路で行ける一番高いところまで到達。この先は登山道になっており鷹ノ巣山につながっているらしいです。


20170519125704437.jpeg


奥集落を堪能したあとは、大ダワ経由で帰路につきます。
大ダワの入り口は予想よりも奥多摩駅のそばにあり、行き着くまでにトンネルが多くて閉口しました(^_^;)
大ダワの林道には人っ子1人いないんだろうなと思っていたら、予想外に多くのハイキングの人と出会いました。
後で知ったのですが、大岳山から鋸山には登山道があり、御岳駅→御岳山→大岳山→鋸山→奥多摩駅という人気ルートがあるみたいです。

鋸山林道はまさに林道といった感じです。斜度は緩くもきつくもありません。道はずっと林の中ですが、ときどき木々が切れる場所からの眺めが良いです。路面は最初は良いですが、頂上に近づくにつれ荒れてきます。6キロほど走ると頂上に到着。といってもトイレがあるだけで眺望はありません。
2017051912573187c.jpeg

その後は檜原方面にダウンヒル、檜原側から登る方が傾斜は緩いですが、奥多摩側は路面の状態が悪く、斜度もよりキツイので奥多摩から登って檜原側に下ったほうが安全だと思います。


檜原までのダウンヒルの途中には神戸岩があります。写真がうまくとれなかったので詳細はこちら
鎖場があって、けっこうすべるのでSPD-SLの人はお気を付けて

20170519125813533.jpeg

神戸岩をすぎると京王八王子駅までほぼ平地です。なんとか暗くなる前に駅にたどり着くことができました。


今回はなかなかきつめなルートでしたが、休憩を多めにとったため、なんとか走りきれました。
大ダワは、日陰が多くかなり涼しそうだったんでまた夏場に行ってみたいです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ
so-netのブログからFC2に引っ越してきました。
しかも間違えてsonetのブログ全部消してしまいました(-_-)
ボタンひとつできえちゃうのね〜

FC2の最初の記事はCAAD8の改良の歴史です。メモっておかないと自分も忘れそうですしね


caad8 flat

これが最初に購入したときのCAAD8の状態です(この写真はネットからお借りしました)
ありがちですが、僕も弱虫ペダルからロードバイクに興味をもったのですが、ドロップハンドルを使いこなせるかわからなかっため、クロスとロードの間をとってフラットバーロードにしました。

1ヶ月くらい乗っていると、やっぱりドロップハンドルに憧れがでてきたため、ドロップ化を敢行!
幸いCAAD8 FLAT BARは、ドロップハンドルに変更しやすいように、ステムを長めにし、フレームは通常のCAAD8と同じジオメトリーにしているため、ドロップ化しやすいのです。3500soraのSTIとドロップハンドル、短いステムを購入してドロップ化しました。初めてで紆余曲折しながらの作業だったな〜(^_^;)


STI.jpg
ハンドル アルコア

ドロップ化の後はこんな感じ。写真をとってなかったのでアメリカで売られていた同じカラーのCAAD8です。

CAAD8 drop


その後、ブレーキを5700の105にし、ホイールをシロッコに変え、ペダルをクリッカーズ→A600に変更。
乗り心地を良くしようと、シートポストはK-force、ハンドルは中華のカーボンに。サドルはボントレガー
こんな感じになりました。

2015-07-31T00-03-41-428d3.jpeg


去年の夏には11速に変更。ブレーキとクランクを6800アルテ、STI、FD、RD、スプロケとチェーンは105にしました。ついでにペダルもクランクブラザーのキャンディ1に。その少し前にはホイールもzondaに変えました。これが現状のCAAD8です。重さも8.4キロくらいで大分軽くなり、乗り心地も向上してます。来月あたりサドルを新しくして、リアディレイラーをR8000のアルテグラに変えたら、完成のつもりです(^^)/


2016-10-03T20-41-14-82515.jpeg



このページのトップへ

FC2Ad

まとめ

Information

teruc
  • Author: teruc
  • 田舎をポタリングするのが好きです

Search

Calendar

04 « 2017/05 » 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -