FC2ブログ

CAAD8+英語日記

サイクリングと、ごくたまに英語関連の日記です

ばかじゃないのと言われそうですが、なんもいえねえ´д` ;
6800買って10か月くらい、なんでその時にR8000にしなかったのか突っ込まれそうです
まあそこは触れないでもらって違いを( ´∀`)
まずはパッと見でブラケットに滑り止めがつき、レバーがくびれて、インナーにする小レバーが大きくなってます。


で、実際の使い心地を6800と比べるとレバーの形状が変わったのでブレーキは気持ちかけやすくなってます。ただ小レバーの押す箇所が大きくなったためブレーキレバーをアジャスターでハンドル側に倒すとハンドルとぶつかってしまいます´д` ;
変速はリアはほぼ同じ、フロントはインナーにするのが早くなりました。
噂のストローク量は気持ち少なくなったかなぁくらい。ただ軽さは変わってないというかちょっと硬くなった気も
押し込む量が減ればその分重くなるのはまあ理にかなってるかなと
で、ぶっちゃけ
6800とr8000のSTIどちら買うかまよってるならFDとRDに合わせた方が良いかと思います。6800からの買い替え考えてるならもうR9100買ってしまった方が後々後悔しないと思いますよー
ではではー
スポンサーサイト
このページのトップへ
皆さんは四天坂って知っていますか?
もともと”しおいんですけど”のへるはうんどさんが名付けた激坂で、

都民の森、和田峠、子の権現、風張林道の4つのことです。

私はどれも上ったことがあるのですが、どれもなかなかキツイ坂です。


都民の森は斜度はないのですが、だらだらと20キロ以上も坂が続き、和田峠は3キロほどなのですが、ずっときつめの斜度が続きます。子の権現はきつめの斜度が続いたあと、必殺の急斜度で殺しに来て、風張林道は最初に殺しに来る斜度の坂があり、その後も休むことはできない斜度が続きます。


実は私の実家の伊豆にも同じように4魔境という4つの激坂があるという情報を入手して、今回の帰省時にちょっと偵察してきました。天城ハイランド、三筋山、弥勒山、箒木山という坂です。


中でも天城ハイランドはヤバいらしいです( *´艸`)


ただ私の脚力では4つを1日で回ることはできません。一度に全部回るにはピークスを完走できるくらいの実力が必要なので、ここは何か所かに絞ることに。


当初は3つくらい回れるとよいなと思っていたのですが、その日のお昼過ぎから家族で温泉に行くことになりました。

もちろんみなさん、温泉>坂ですよね。

ということで最終的に弥勒山、三筋山に行くことに。
難易度は、天城ハイランド→三筋山→弥勒山→箒木山らしいです。



当日は夜明け直前くらいに出発します。朝日がきれい(*^-^*)





その後、盛大に道を間違えます。stravaでルートを作ったんですが、けものみちみたいなところを通る設定になっており、かなり高いところにある別荘地にまでのぼらされました。

伊豆にはこんな感じの坂がフツーにあります。





その後正しいルートで何とか弥勒山入り口に。



ここは頂上がお寺になっており、通り抜けができないため車はほぼ通ってきません。


最初はかなり楽、斜度も10%以下じゃないでしょうか?

あ、これは実は楽なんじゃない?なんて思いはじめころからだんだん斜度が上がります。油断すると前輪が浮くくらい。それが1キロくらい続いて、また楽になって、またきつくなってを繰り返していると、頂上に着きます。

頂上からは絶景です。






あとあと調べると、弥勒山のスペックは5キロ11.8%で、ほぼ風張林道と同じです。

3番目の難易度ですでに四天坂のトップに並ぶ(*_*;

これは三筋山や天城ハイランドってマジヤバいんじゃと震えます。


その後、旧道を通って三筋山に行くのですが、そこでも足を削られます。



最初にアニマルキングダムの入り口に行き、その横のゴルフ場を下り、そしてまた細野高原まで登りかえします。細野高原はススキの名所で1月でもかなりすすきが残っていて絶景でした。2月に山焼きをするのですが、それまではススキが楽しめますよ。


細野高原入り口で少し休んだ後は三筋山に向かいます。三筋山までの道は緩やかで景色を楽しみながら走ることができます。




三筋山入り口から自転車で登れる最高地点までは約1.5キロなんですが、後半の1キロの平均斜度は20%を超えてます。わかりやすくいうと、子の権現の最後の激坂部分がずっと続いている感じです。写真を撮るために一回止まったら、その後斜度がきつすぎて再スタートできませんでした( ;∀;)
でも頂上からの眺めは本当に素晴らしいので、押し歩きしても上る価値はあると思います。





舗装された道の一番高い所から、風車のある本当の頂上までは徒歩で上ることができたんですが、今回は時間がなくてあきらめました。



この後は国道に下り河津駅まで走り、家人と合流してお風呂に入って帰りました。

河津から




今回、伊豆の4魔境のうち2つを走ってみたんですが、そうとうキツかったです。三筋山はライドの最初に持ってこれば、足つきなしで登れるかもしれませんが、それよりだいぶキツイらしい天城ハイランドはどうやっても上れる気がしません(>_<)

また春ごろ帰省するので、その時天城ハイランドに挑戦してみようかと思います。






このページのトップへ





冬の西伊豆スカイラインは最高です( ´∀`) このページのトップへ
最近めっきり寒くなりましたね〜
都内だと全然薄着でも平気な僕ですが、輪行で山に行くと寒さがこたえます。
まだ12月なのに、完全真冬装備です。年明けてもっと寒くなる1月2月どうしましょう(><)

ということで、今日はウエアの話。
ロードバイクはじめたばっかりのころは、私服や登山用のウエアとかで走ってました。
それからだんだんそろえていったわけですが、最初のころはまだ金銭感覚がおかしくなっていないため、「半袖ジャージが1万?ぼったくり?」「長袖だと2万越え?どんな石油王が買うんだよ」と思って、やっすいの買ったりしてました。
安いのより高いののほうがもちろん品質はいいんですが、なかには安いのでも問題ないものもありました。そのへんを書いてみようかと思います。

ちなみに僕の言う高い安いのボーダーは、パールイズミ、DHB、BLあたりです。
これらを境に安い高いを位置づけてます。

まずは夏物

半袖ジャージ-安いのでもOK
多少着心地は悪いかもしれませんが、サイズさえ合えば安い◯◯インポートなんかでもそんなに気になりません。ただDHBなんかは6000円くらいで買えるので、あえて安いの買うこともない気もします。

夏用レーパン-高い方がベター
安いの使ってたんですが、安いのはパッドがしっくりこないです。パールイズミの使いだして気がつきました。安いのは妙にパッドが厚いのが多いんですよね。

ソックス-そもそもサイクリング用ソックスとか買った事ないです。なのでわかりません。

夏用グローブ-これは逆にメーカー品以外買った事ないです
夏用グローブは安いもの自体がないのかもしれない。

インナー-絶対高いもの。
基本的に汗が抜けるもので、ファイントラックやミレが個人的におすすめ。
夏でも汗かいてるときに速く走って風で汗が冷えるとお腹痛くなったりします。

アームカバー-そもそもそんなに価格の差がない。
アームカバーで高いのって見た事ないです。だいたいどれも2000-5000円くらいに収まる気がします。

続いて秋冬春物

防風サイクルジャケット-高いほうが良い。
これも高いのがいいです。2万以上するので買うのためらいますが、かなり着心地はちがいます。安いのでも温かいですが、生地の断裁の仕方が違うので前傾姿勢になるとキツかったりします。夏物も同じでしょうが、あちらは生地が薄いので大丈夫ですが、冬の防風素材で立体断裁されてないと腕をのばした時とかきついです

ウインドブレーカー-安くてOK
1万くらいのウインドブレーカーと3000円くらいのホムセンのでもあまり違いはなさそう。むしろ安いののほうが、蒸れないようにメッシュになっている部分がないので寒さ対策にはよさそう。
そもそもダウンヒルくらいしか着ないので、あまり良いのをかう必要性がない気がします。

冬用レーパン-高い方が良い
理由は夏用と同じ。

レッグウォーマー-安くてOK。
安いのしか使った事ないですが、全然不満はないです。

シューズカバー-SPDは安い方が良くてSLだと高い方が良い。
SPDのシューズはクリートが地面にふれずにシューズカバーの布が直接地面と擦れるので使い捨てです。なので安い方が良いかと。逆にSLはシューズカバーの下にクリートがあって、地面とシューズカバーがこすれないので、長く使えるので高い方が良いかと。

冬用グローブ-秋冬は安いのでもいいけど、真冬用は高い方が良い。
薄めのグローブだと、高いのも安いのも差はあまりでませんが、真冬用で防寒性を高めてるのだと、安いのだともこもこしてレバーを操作しにくいです。ブレーキや変速をきっちりできるかは安全性にかかわるので、ココは高いのの方がよいかと。

とまあいろいろ書きましたが、あくまで僕の感想です。
参考程度にどうぞ〜

このページのトップへ
2018年ももうすぐ終了、ということでみんなを誘って年来ラストグループポタに行ってきました。
参加者ははぎーさん、ひょろさん、かつさん、おいら(参加順)です。

どこに行こうか?といろいろ話したんですが、とりあえずみんなターニップでご飯を食べたいということで行き先は飯能に決定。ひょろさんは初飯能ということでリクエストを聞くと、子の権現、名栗湖に行ってみたいということで、それらをふまえてルート作成。

できあがり〜


あああ

ぼくとかつさんは何度か子の権現に上っていますが、はぎーさん、ひょろさんは初めて。
いきなり輪行やトランポで飯能駅から、すぐにあの激坂に挑戦するのはキツかろうという、親切心から、子の権現に行く前にちょっとした林道をはさみました。

あの有名な”しおいんですけど”でも、同じコースをたどっています。

朝8時に飯能駅集合です。自分で8時集合と言い出したんですが、朝早すぎて泣きそう。
しかも前日寝付けなくて、3時ころまで寝れなかった時点で寝るのはあきらめました。
朝の電車で寝ればいいやと思ってたんですが、電車寒すぎ。駅に停車するたびに冷たい空気がドバーっと入って全然寝れずに集合場所に。飯能方面の電車も山梨方面の中央線みたいに、ボタンで開け閉めするタイプにすればよいのに。

駅につくとはぎーさんはすでにチャリを組み立て済み。ひさしぶりの輪行だからもたつくといやだとのことで早く来たそうです。偉い〜。そんなひさしぶり(チャリ乗るの自体数ヶ月ぶり)なのに、こんなルートで大丈夫だろうかと思いつつも、まあ気にしない事にします。

僕がチャリを組み立ててるうちに、かつさんひょろさんも到着。みんなでまずはセブンに行き、おのおの朝ご飯を取ります。
ちなみにこの日は激サムで、冬用インナー+冬用ウインドブレークジャケット、冬用全面ウインドブレークパンツでも寒かったです。

飯能は関東の雪国です!油断すると凍死しますよ!

ご飯を食べたら出発、とりあえず国道沿いを走り途中から竹寺、子の権現への道に入ります。
すこし行くと、林道に入る分岐があります。

ここでみんなに、
林道使うと遠回りで、まっすぐ行けば子の権現に近い事を確認し、OKを取った後に林道に入ります。この林道は、まあまあキツいのですが、このときに林道の詳細を話してしまうと、まっすぐ行くと言われてしまうので、詳細を話すのは後にします。
後半、予想どおり"この道キツくないですか?" と言われましたが、そのときは既に引き返すには遠すぎる箇所まで来ていました。作戦どおり(b*´∀`●)
途中、道を間違えたりしながらもなんとか走りきります。

この林道の良いところは、人気のないところ!
ほとんど人や車にすれ違わずにぼーっと走る事ができます。
この日も、ストラバの参加者は4人でした

林道を終えると、そこは子の権現の入り口。
そして既に足は終わりかけているという、燃えてくるシチュエーション☆

なーんて、言っても何回も通った道、特に何事もなくお寺まで行きました。
途中車とすれ違った時はちょっとドキッとしましたけど。

スクリーンショットb 

お寺を参拝し、はぎーさんとヒョロさんはお守りを購入。
購入すると、風張林道への道が開けるというお守りです
(元ネタはしおいんですけど)。

まあ、でも二人とも既に風張林道はクリア済みなんですけどね、
ガチ寄りな二人なんでサクッと済ませてます。

途中の売店でおまんじゅうとお茶を頂き、恐怖のダウンヒルを済ませた後、
僕らの前に現れたのは!
スクリーンショットa 

はやぶさ?、猛禽類の子供です。
道の脇の山に、土砂崩れ防止の金属の網がかぶっているのですが、上から網と山の隙間におちてしまったようです。なんとか下の隙間に誘い込んで、網を全力でひっぱり隙間を広げてそこから逃がす事に成功!

そのあと、ちょっとした坂を上ったら、念願のターニップ。
僕とひょろさんは香草焼き、はぎーさんは焼きカレー、かつさんはあえて王道をはずして牡蠣フライを頼みました。

スクリーンショットd 

ぼくは香草焼きしか食べた事ないですが、基本ここはどれもおいしいらしいです。
(香草焼きがうますぎて、他のを頼めない(o’∀`o))
行ったことない人は是非!
料理出てくるのも早いので、ライドの途中にもうってつけですよ♩

満腹したぼくらは次の目的に名栗湖に向かいます。
この先は上りもないので安心。

スクリーンショットc 
ひょろさんは、自転車を持ち上げての記念撮影をしていましたが、
撮影者のかつさんが、なかなか撮ってくれなくて腕がぷるぷるしてました(」・e・)」

その後はのんびり駅まで走り、解散しました。
お土産には秩父味噌と福蔵を購入。
福蔵はCMでよく見ますが、けっこう旨かったのでおすすめですよ。

みなさん、ライドおつかれさまでした。
ご一緒いただいてありがとうございます。
また来年もよろしくお願いします(◠‿◠)








 
このページのトップへ

FC2Ad

まとめ

Information

teruc
  • Author: teruc
  • 田舎をポタリングするのが好きです

Search

Calendar

12 « 2019/01 » 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -